RSS | ATOM | SEARCH
そういうの見えないタチなんで・・・(半幅帯の結び方ぁ
半幅帯の結び方、4回目は「矢の字」です。

その名の通り、「矢」という字に似ているから、矢の字。
平仮名の「や」や、「也」とする説も聞いたことがあるのですが、どちらにせよ・・・見えない・・・いや、私、3Dとか、幽霊とか見えたためしがないので。。そのあたりは気にせずにいきましょう。

リバーシブルの帯を使うと、おもしろい表情がでますよ。


手先を50cmくらいとって、半分に折り、肩にかけるか、ピンチで軽く止めておき、残り(たれ部分)を横向き三角に追って胴に沿わせ、2回巻きます。


たれを上にして、手先と交差させます。


そのまま結びますが、
 
たれを完全には引き抜かず、帯下から10cmほど残して締めます。


たれを下におろします。

  
手先の方へ、おろしたたれを内側に折り上げます。
(※たれの部分をピンチで留めているのは、撮影のためです)

  
たれの間に手先を通します。


手先とたれ先を持ち、軽く締めてから形を整えます。


結び目を持って右方向にまわしたら、完成。
緩みやすい帯地の場合は、帯締めで固定すると安心です。
author:mayudama, category:☆半幅帯の結び方, 21:44
comments(0), trackbacks(0), -
U26設定(半幅帯の結び方)
昨日、髪を切ってくれた素敵な美容師さんとのやりとり。
「あんまり若くてもあれなのでー26歳くらいにしましょうか?」
「いいですね!26歳!ちょうどいいです!(←何がいいのか・・・)」
「オレ、それくらいなら髪型でできますよ。あ、あとちょっと化粧はしてもらわないといけないけど」
「ぜひ!人間見た目ですよねー」
「そうですよ。歳じゃないですよ」

ってなわけで、これから歳を聞かれたら、
「26(設定)です」
と答える所存です。

友人のアメリカ帰りのお友達も
「ヘイヘイヘーーイ。体重が1トンだって、45kgに見えてりゃいいんでしょ?」
って豪語されていたといいますし。ルックス重視・・・人は見た目が9割。。


今日はそんなU(アンダー)26設定のガールズにオススメする半幅帯の結び方。「片花文庫結び」

背中で大きな蝶結びをするほどお子様じゃないけれど、ちょっとかわいらしさも出したいときに。歩くとたれ部分が揺れます。片羽根を揺らして、かわいらしさの中に大人の色香も漂わせましょう☆


手先を50cmくらいとって、半分に折り、肩にかけるか、ピンチで軽く止めておき、残り(たれ部分)を横向き三角に追って胴に沿わせ、2回巻きます。


手先を上にして、たれと交差させます。


しっかりとひと結びします。(この時、手とたれを横ではなく、たて方向に締めると緩くなりにくいです)




結び目より3センチくらい右側に出るようにたれをじゃばらに折り返します。一重目を胴半分の幅くらい長めに、二重目を若干短めに重ねるように折り返すとかわいらしい二重羽根がつくれます。残りのたれ先が片羽根になるので、ここでたれ先が長くなりすぎないよう、長さを調節しましょう。


結び目の上で山ひだをつくり、手先部分が中心になるよう巻いて、胴巻き部分の中へ通しながら締めます。あまった手先は胴巻き部分に隠します。

 
両方の羽根をバランスよく整え、結び目を持って右方向にまわします。


完成

ポイントはたれをじゃばら折りにする時に、結び目より必ず3センチは
右側からはじめること。そうしないと、羽根が留められなくなってしまうので。

それではみなさま、U26目指してレッツトライ!
author:mayudama, category:☆半幅帯の結び方, 00:47
comments(0), trackbacks(0), -
半幅帯の結び方◆]何遊襪
半幅帯の結び方、第二回は「浪人結び」です。(第一回はこちらからhttp://rensai.tatsunosuke.com/?eid=958046
その名の通り、江戸時代の浪人が結んでいた、もとは男性の角帯での結び方。

角帯の代表的な結び方は「貝の口」ですが、こちらは江戸の町人や商人に流行った結び方で、少々緩みやすい。「ほどけりゃ、結べばいいのさ」という太平楽な江戸っ子気質も好きですが、お侍はそうはいきません。大事な腰のものに何かがあっては一大事。
というわけで、この結び方はゆるみづらいので、活動的な日におすすめです。なにより名前がかっこいい。



手先を70cmくらいとって、半分に折り、肩にかけるか、ピンチで軽く止めておき、残り(たれ部分)を横向き三角に追って胴に沿わせ、2回巻きます。



たれを右手にとり、まっすぐ伸ばします。


 
たれを輪にして折り返し、帯の内側にはさみます。



たれを上にして手先と交差させます。



帯の結び線が三角になるように斜め上に結びます。



手先を肩の方向へ折り上げます。


 
たれ先を上からくるむようにかぶせて、そのまま帯の中へ通します。


 
たれ先を帯から引き出します。



手先の形を立体的に整えてから、結び目を持って右方向にまわします。


 
完成。

もちろん男性の角帯でも結べますよ。
女性は羽根が小さすぎると粋になりすぎてしまうので、注意。



☆ショップはこちら
http://dp00002009.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=30596&csid=2&page=1
author:mayudama, category:☆半幅帯の結び方, 23:48
comments(2), trackbacks(0), -
角出し風半幅帯の結び方。
ブログ検索文字のアクセス解析が、ここ半年くらい「半幅帯の結び方」がずっと1位なのですが、載せているのは半幅帯結びの種類だけで、結び方は載せていなかったのです。

せっかく検索でヒットして見てもらったのに、役立つ情報が載ってない・・・今日も半幅帯を片手に誰かががっかりしている・・・嗚呼、申し訳ない。

少しずつ、ご紹介していこうと思います。

第一回は、角出し風半幅帯の結び方。

本来、名古屋帯で結ぶ角出し。(銀座結び、ともいいます)
お太鼓を結ぶほどではないけれど、ちょっとシックにしたいときにおすすめです。


手先を60cmくらいとって、半分に折り、肩にかけるか、ピンチで軽く止めておき、残り(たれ部分)を横向き三角に折って、胴に沿わせます。


2回巻きます。その際、帯は下側を持って、胴の横にきたら水平に締めると帯がしっかり締まります。


たれを下から三角に折り上げます。


手先部分を上にしてたれ部分と交差させ、しっかりとひと結びします。
この時、手とたれを横向ではなく、たて方向に締めると緩くなりにくいです。


たれで身体の幅くらいの輪をつくり、輪を山谷山となるよう折って(横から見るとMになるような形に)中心部分に手先をくぐらせて蝶の形になるよう結びます。


たれを結び目の下から通し、斜めの輪をつくるように途中まで引き、その輪をくるむように、もう一度たれ先を結び目の下から通します。(たれがあまって、上にとび出たら折り返してください)


お太鼓部分、蝶部分の形を整えます。


お太鼓部分全体を上からつかむように持って、お太鼓が背にくるよう、右方向へ回します。
(この時、逆に回すと、きものの衿が崩れてしまうので要注意)

 完成

お好みで、帯締めをするとより、本格的なお太鼓らしくなりますよ☆

ショップにて、春らしい半幅帯も揃えておりますので、ぜひご覧ください。
http://dp00002009.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=30596&csid=2&page=1
author:mayudama, category:☆半幅帯の結び方, 01:00
comments(2), trackbacks(0), -